2020年03月30日

コンバットガバその後

部品取りで購入のWA SERISE80 GOVERNMENTはスライド、フレームの
刻印深堀を終え、サフ吹き後ステンレスシルバーで塗装。
只今、銃Iで塗装1回目の段階です。右サイド
IMG_7827.JPG
COMBATの文字を入れ従来より少し大きく。
エキストラクター廻り
IMG_7826.JPG
穴は貫通させずにピストン側を少し削ってみました。
左サイドです
IMG_7828.JPG
SERISE80の馬は小さめで以前も彫り直していますが
今回もほんの少し(ディフェンダーの馬位)大きめに変更
何度彫ってもなかなかうまく?彫れませんね〜。
フレーム
IMG_7829.JPG
48時間後にもう一度磨いて2回目を吹く予定です。
金属パーツの磨きに入りました。
IMG_7831.JPG
この後ブルーイングに入ります。
IMG_7830.JPG
posted by ministork at 23:42| Comment(0) | 1911 GOVERNMENT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月24日

自作トリガー

80ガバのコンバット化
本日トリガーを自作してみた。
使うのはコレ↓
IMG_7812.JPG
メッキ押しネジ(ボルト)です。
早速、頭をグラインダーでならしました。
IMG_7813.JPG
ノーマルのトリガーを見ながら付け根部分ピンが2本はいる側を削ります。
IMG_7814.JPG
ステー差し込み部分をドリルで穴開けしながら形成
IMG_7815.JPG
指掛け部分を切り取って行きます。
IMG_7814.JPG
ピンの穴を片方開けて合わせた後、もう一個を貫通させピンを入れ
最後にボルトの軸ネジ部分を切り取ってヤスリがけです。
IMG_7816.JPG
ちょっと失敗。左上角にグラインダーの刃があたり
余分に削れてしまいました。
今回はノーマルピンは使わず2.5mmのドリルの折れた軸を差し込んでいます。
IMG_7817.JPG
右がノーマル左が自作・・・あまり変わらないか?
あとワンサイズ大きめのボルトなら1911位に行けたかも・・・
IMG_7818.JPG
スーパーブルーでブルーイング
IMG_7824.JPG
磨きがいい加減ですがこんな感じ
セレーションなしのワイド・・迄行かないトリガーです。
IMG_7825.JPG
アルミ丸棒を使ってエキストラクターに・・・
IMG_7820.JPG
穴開けは奇麗に開けられるドリルビットを使い貫通させずに6mm位で止めています。
IMG_7819.JPG
この状態で差し込んであるだけなので塗装後接着します。
今回は奇麗に納まりました。
IMG_7823.JPG
スライドのバレル下の穴埋め。黒の瞬着で。
ファイヤリングピン廻りをブルーイング。ピンの部分は一度太めのドリルでさらい、
センタ−に別物のダミーピンを接着しています。
IMG_7822.JPG
後はスライドストップの補強と刻印の追い彫りです。
posted by ministork at 21:19| Comment(0) | 1911 GOVERNMENT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年03月23日

80ガバをコンバットガバヘ

先日の自作塩ビパイプバレルはポートはずしのスーパーグレイドに戻し
結局部品取り用で購入の80ガバにバレル一式を戻す事に。
WA製品はマガジンの相性がマッチするかしないかで
大分差が出る様です。
両方ともしっかりスライドストップしてブローバックも快調に。
通常分解途中だった80ガバをすべてバラしたので
折角なので手直しする事に。・・・他にも分解手直し中のキンバー、コブラ2挺、
チャイナガバとそのままの状態ですがパーツが手に入らなかったりで何となく
やる気スイッチが入りません。
80のメインスプリングハウジングとグリップセフティを
削り落としました。
IMG_7808.JPG
メインスプリングハウジングは右上にダミーピンを。
IMG_7805.JPG
グリップセフティは1911と同じ様に少し角張らせました。
IMG_7806.JPG
ブラックアーミーと比較
IMG_7807.JPG
A1タイプのぽっちゃり型も良いのですが
こっちの方が何となくクールで好みなので・・・
本日1時間位でフロントサイトを自作しました。
IMG_7809.JPG
アルミを切り出し真鍮ピンと芋ネジで固定。
バレル内側から締付けしました。
IMG_7810.JPG
スライド右側の文字を一旦すべて埋め、
コンバットの文字を追加し少し大きめにして
只今彫り直し中です。
IMG_7811.JPG
イジェクションポートの掘込みも追加。
後はエキストラクターをダミー化し、トリガーは自作の予定。
posted by ministork at 23:39| Comment(0) | 1911 GOVERNMENT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする