2021年08月30日

マンションのお部屋をリホーム

M様ご依頼のマンションリホーム
壁面クロスの貼り替えと床の貼り替えをお願いされていましたが
今回クロスは貼り替えず、塗装することにしました。
ピンボケですが作業途中です
IMG_9080.JPG
手前の部屋まで本日終了
IMG_9081.JPG
奥の部屋への壁の色の差が塗り終えたものと一目瞭然です。
今回、天井は塗らずに本日廊下からリビングまでを終了。
IMG_9079.JPG
明後日奥の部屋にかかります。
posted by ministork at 20:23| Comment(0) | ご注文家具紹介 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月28日

M1カービンストック塗装

AGM M1カービンエアーコッキングライフルの
ストック部分のヤスリがけが終わりました。
IMG_9058.JPG
かなり粗め180位のスポンジヤスリでエッジ部分も
少し落としています。
続けて毛先が硬めの平筆で墨入れ。
IMG_9060.JPG
今回は高耐久ラッカーSの艶消黒を使用
IMG_9059.JPG
カスレ部分を適当に描きます。塗料をつけすぎないのがポイントで、
つけ過ぎた時はもう一本筆を用意し塗料がついていない筆で伸ばすのがコツです。
この後Mr.COLORのクリアイエロー、さらにスモークグレーを吹き付けます。
IMG_9062.JPG
この段階でこんな感じ↓カマボコパーテーションラインはありません!
IMG_9063.JPG
パテ盛りやサフェーサーの部分は墨入れ前にレッドブラウン、NATOブラウンなどで
カバーしておきます。
高耐久ラッカーSの艶消黒をエアーブラシで描いた木目に沿って
ややぼかし気味に流しながら吹き付け。
木口にあたる部分や実際に木だった場合濃くなる部分を重点的に
ブラシで塗装(あくまで線状態に塗り重ねます)
全体にエアーブラシが吹き終えた後、上塗りのクリアを吹きます。
IMG_9064.JPG
今回はマルチトップクリアSHに超速乾シンナーと
マルチフラット(艶消剤約50%)をガン吹き。
IMG_9066.JPG
艶消剤の量が少なかったのか、仕上がりは結構艶出ました。
2時間程度で乾燥後組み上げ。
IMG_9070.JPG
電動ガン用のスリングを引っ張り出してきて長さを切り
付けてみました。
IMG_9072.JPG
最初のイメージよりかなり濃く黒い仕上げになってしまいました。
IMG_9074.JPG
光の当たり具合でシャム柿風の木目に。
11パイのスチールシャフトを6cm位に切り出して
磨きをかけて・・・
IMG_9067.JPG
トビカブラッキーでブルーイング
IMG_9068.JPG
スリング留め完成・・と思いきや
IMG_9069.JPG
ベルトの厚みを計算せず入りません!
すかさずベルト幅分削りました。再びブルー染め
IMG_9077.JPG
今度はバッチリです
IMG_9078.JPG
フェイクWoodカービン完成です
IMG_9076.JPG
SALE品だったライフルケース買っちゃいました。
持ち歩きはしないと思いますが・・・
IMG_9075.JPG
posted by ministork at 21:54| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月27日

AGM M1カービン

このところMACの買い換えに合わせ書斎のディスプレイを見直しています。
書斎と言っても既に武器庫状態となっているGUNルームですが
ウエスタンコーナーはこんな状態です
IMG_9057.JPG
3桁に及んだハンドガンの数を少しずつ減らす努力はしているものの
相変わらず減っては増えの繰り返しです。
先日完成のスプリングF1911
IMG_9044.JPG
手をかけた作品として雰囲気よく飾りたい・・・と思うと、
カスタマイズしたハンドガンを飾る(収納する)場所を新たに作ったり
未だカスタム前のものを納めるスペースを移動したり・・・既に限界状態です。
IMG_9045.JPG
最近ハンドガン数挺を手放し、新たに入手した
KTWのイサカM37フェザーライト 
IMG_9055.JPG
ガバーメントコレクションケースの上に
スタンドを自作しディスプレイ
IMG_9056.JPG
これがきっかけで安価な長物への興味が湧き出し
昨日届いたAGMのM1カービンエアーコッキングライフル↓
IMG_9049.JPG
届くや否や分解してストックの手直しに入りました。
特に先台からのストック部分はつなぎ目の隙間など
フェイクウッドに比べかなりプラ感が許せない状態です
IMG_9050.JPG
いっそのことストックだけウッドに作り変えようかとも考えましたが
今回は塗装でごまかすことに。
上部の被筒からやすりがけです
IMG_9052.JPG
ストックはカマボコ繋ぎ目を埋めるため
ウエルド盛り中です。
IMG_9051.JPG
被筒部分を下塗り
IMG_9053.JPG
あまり木目をはっきり書き込まず
ややボカした感じに
IMG_9054.JPG
このくらいの色見で仕上げは艶消クリアで行きます。
考えてみれば、マルイのエアコキガバから始まった
コレクション&カスタマイズ。また振り出しに戻って
M1エアコキからスタートするような予感が・・・


posted by ministork at 21:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする