2022年07月10日

SAAグリップを極める

ブラックウォールナットで作った口開きラトルグリップですが
J-B WELDのコピーをハイパークローム塗装して取り付けたため
アルミ削り出しと比べると青黒く安物のメッキ塗装の雰囲気なので
再び同じ口開きラトルをもう1セット削り出してみました。
IMG_0191.JPG
右にあるのがハイパークローム塗装のコピーラトルです。
左がアルミ削り出しラトル(もうこれで何こ目だ?)
シルエットに合わせグリップ側を彫り込みます。
で、OILステイン(油性ウォールナット)を濃いめにして完成がこちら↓
IMG_0193.JPG
前回との比較
IMG_0194.JPG
アクセサリーだとシルバーとメッキの差って感じでしょうか。
丁度ウレタンの乾燥待ちの間に届いたのがコレ↓
IMG_0192.JPG
NAVY-51 Bounty Hunter!
モデルガンでもなく、エアガンでもなく・・・そうです水鉄砲です。
CAWのラトルに似たガラガラ蛇が付いています。
もうこれはグリップを塗り直しラトルをクローム塗装して
完全に壁掛けオブジェです。
今までの口開きシリーズ達
IMG_0195.JPG
CAW似の舌だし達
IMG_0196.JPG
ラトルはもうお腹いっぱいなので昨日からとりかかりの鹿角シリーズ
IMG_0197.JPG
以前にも紹介の左KEINさんのフェイクグリップ(2ピース)
右がパテ埋めによりえぐれ部分をわずかにした改KEINフェイクです。
IMG_0198.JPG
で、下が今回本物の鹿ツノで作ったランパント用スタッグ。
IMG_0199.JPG
IMG_0200.JPG
IMG_0201.JPG
トリガーガード後方の角だけタミヤのポリパテを使用しました。
鹿角部材は犬のおもちゃLLサイズを先日まとめ買い。
なかなか大きいものがないのと、左右が均等な形でないため
2こ同じような形を見つけ半割りし交互に使いました。
只今、田中orランパント用で後2セット切り出した所です
IMG_0203.JPG
こんな感じで
IMG_0204.JPG
ストレートの角がもう一本ありますが
IMG_0202.JPG
これは1911用にします。
ここ数年の間に作っては直しのグリップです
IMG_0206.JPG
初期の頃から比べると大分上達してきました。
やはり何と言っても道具(工具)の影響大です。
コレクション以前の若い頃にもいくつか作っていましたが
その頃はナイフと彫刻刀とヤスリだけでしたので
えらく時間がかかっていたと思います。
IMG_0205.JPG


posted by ministork at 22:37| Comment(0) | COSTOM GUN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月07日

ラトルの次は鹿角

ランパントクラッシックのSAAアーティラリー
アーリーモデルのグリップをカスタムします。
IMG_0182.JPG
2ピース用のピンは切らずに抜けるんですね。
IMG_0183.JPG
これが付いていたグリップ。タナカとほぼ同じですが若干タナカより前後が小さめです。
先日途中まで削って放置の鹿つのをランパントに合わせ
削り出し。
IMG_0190.JPG
角肌部分はちょうど小指の部分に残りました。
IMG_0185.JPG
この部分がくびれていますが握った時に小指がかかる部分が削れていて
いい感じの握り具合に。
IMG_0187.JPG
マダラの焦模様は上の方に少しだけ残りました
IMG_0186.JPG
IMG_0188.JPG
模様を書き込んでも良いのですが今回は
自然のままで
IMG_0189.JPG
posted by ministork at 23:19| Comment(0) | COSTOM GUN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2022年07月06日

ラトルスネークコレクション

IMG_0170.JPG
タナカのペガサスにブラックウォールナットのワンピースグリップを作り
自作アルミ削り出しの口開きのラトルを型取りし複製、ハイパークロームで塗装し
ウレタンクリアで仕上げました。
IMG_0171.JPG
こちらはハートフォードのケースハードゥンモデルに
CAWのラトルをコピーしシタンのグリップを削り出してマホガニーで色付けし
同じくウレタンクリアで仕上げです。
IMG_0172.JPG
WELDで型取りしたためざらついた部分が残り
クロームの艶がない所ができてしまいましたがメッキっぽさは出たので
満足です。ブラックウォールナットは元の木肌が意外と白っぽいのですが
OIL STEINで着色すると木目がいい感じに出てくるので
今回はあまり黒っぽくせずに仕上げました。
IMG_0179.JPG
IMG_0180.JPG
IMG_0181.JPG
IMG_0173.JPG
コピー(複製)元のラトルと比較
IMG_0174.JPG
左がCAWのオリジナルにウレタンクリアを吹かずに
ワックスのみのシタン。
IMG_0175.JPG
左がアルミ削り出しの黒檀、右がコピー&ハイパークローム塗装
SAA本体の仕上げの色にもよりますが、
木グリップの色合いでかなりイメージが変わります。
IMG_0176.JPG
ガラガラ蛇のオンパレード
IMG_0177.JPG
posted by ministork at 22:30| Comment(0) | COSTOM GUN | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする