2020年02月03日

マスキングテープカッターを自作

いらない物を使ってマスキングテープカッターを
作ってみた。まず、用意したもの
IMG_7540.JPG
使わなくなった古いTVチューナーやデッキなど、粗大ゴミに出さずに
分解してフレームだけ取って置おいた鉄板部分です。
あとはこちら
IMG_7541.JPG
L型に曲がったネジ山付きのバー、これはセンサーライトを買うと
中にセットされている取り付け用のクランプバーです。
ほとんど使わずビス留めしているので何本も余っていて捨てるのには
忍びないのでいつも端材として残しておいた物です。
あとはブラインドリベット&リベッター工具、サンダー、そして
このバーのタップに合うM8ナットです。
まず、バーに付いていた蝶ネジを外しL型の角度が
ややくの字になっているので曲尺をあて確認。
IMG_7542.JPG
90°になるよう万力にはさみ広げます。
IMG_7543.JPG
こんな感じで・・・次に先端の平につぶしてある方に
反対側のタップ先端に付いていたキャップをはめるので
つぶれた頭の両側をサンダーで少し削ります。
IMG_7544.JPG
このくらいにしました。
IMG_7545.JPG
TVチューナーのビス穴がちょうどいい所にあったので
この穴を利用する事に・・・
IMG_7547.JPG
バーの軸が入る穴に拡張しました。
IMG_7548.JPG
次にL型のバーのタップが切ってある元までナットを入れます。
IMG_7546.JPG
先程拡張した穴にこれを差し込んで反対側からナットを入れ13のスパナで締め込みます。
IMG_7549.JPG
外に伸びたネジ山部分はナット先端でサンダーで切り落としました。
IMG_7550.JPG
今取り付けたバーの左右から1cm位外側の寸法をフレームにマジックで線引き。
IMG_7551.JPG
線に沿ってサンダーで切り落とし、この幅と同じ物を別のフレームの
90°に曲がっている場所からもう一つ切り落とします。
IMG_7552.JPG
今回は丁度いい具合にコの字に曲がった部分が使えるのでそこをカット。
バーを固定したL型のパーツと同じ幅でコの字のパーツを重ねる形でリベットで
固定しますがコの字の方は片方の曲げの長さが片方が30mm程度、
もう片方が10mm~15mmぐらい短い物を使います。
IMG_7554.JPG
コの字側は下向きになるので多少出っこみやいろんな穴があっても
OK.丁度いい寸法がない場合でも1mm位の厚さであれば曲げられます。
ただなかなか奇麗に曲げられないので
55mm~60mmで90°に曲げてあるものを使った方がキレイかもしれません。
この段階で短い方と長い方の曲げの左右に2.5mmΦの穴をあけておきます。
IMG_7556.JPG
次にいらなくなった(切れなくなった・錆びた)ノコ刃
刃換え式の目の細かい物を用意。
IMG_7555.JPG
少し錆をペーパーで落としました。
IMG_7557.JPG
コの字曲げの短い方を鋸刃にあて1~2mm出したアタリをマジックで印します。
IMG_7559.JPG
マジックに左右の穴もマークし鋸刃に穴開けした後、
マジックに添ってサンダーで鋸刃をカットします。
IMG_7560.JPG
これに両面テープを貼り穴位置を合わせリベットで固定します。
鋸刃がなければ、サランラップの刃の部分を両面テープで貼ります。
バーが付いた方と鋸刃の付いた物を重ね接合穴と
背面に取り付け様の穴(4〜5mm)を開けておきます。
IMG_7562.JPG
この状態でフレームのバリやササクレをヤスリで落とし、
黒の艶消しスプレーで塗装します。
IMG_7563.JPG
塗料が乾いた段階で2つをリベットで固定し
リベット部分はさらにトンカチ&ポンチでつぶしてカシメます。
カシメた部分と塗り残し部分にもう一度スプレーして完成!
IMG_7564.JPG
取り付けビスは黒の丸頭を用意。
昨日完成のホビー工作テーブルのドライバー収納のアクリル面に付けました。
IMG_7565.JPG
マスキングテープは30,24,18の3本を入れてみました。
IMG_7567.JPG
バーの長さがアリ物なので決まってしまう為テープによりますが3~4本で丁度です。
あまり長くするとテープの交換も面倒になるのでこのくらいがいい感じです。
短時間の工作で、同じ感じで続けてもう一つ作ってみました。
IMG_7569.JPG
こちらは工房のテープ収納前のビス収納の引きだし面に取り付けてみました。
IMG_7570.JPG




posted by ministork at 22:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: