2021年08月15日

スプリングフィールド造兵廠製M1911

IMG_8869.jpeg
左のウイルソンSGは先日BOB CHOWに変更したもの。
右は80スライド、フレームはA1だと思いますが、以前にブルーイングし
スライドのセレーション部分が失敗し1本埋めてしまった個体です。
BOBCHOWにマガジンキャッチとメタルチャンバーを使い
半端者となってしまっていたので、今回大々的に整形手術することに。
スプリングフィールド造兵廠製M1911を真似て各部を変更。
先程、亜鉛塗装を終えたパーツのブルーイングを終え組み付けました。
IMG_9036.JPG
IMG_9037.JPG
今回も全体はSuperBlueでブルーイングですが
ブラッキーCも一部使いました(染め時間が短くて済むので)
IMG_9040.JPG
埋めてしまった最初のセレーションをがっつり深堀り、微妙に深さが違いますが
埋めた時のものよりは良くなっているかと自己満足。
IMG_9039.JPG
短かったハンマー延長、ダミーエキストラクター(アルミ)
グリップセフティ整形です。
IMG_9041.JPG
メインスプリングHはフラットに削りましたが
結構ギリです。内側から補修しないと穴が開きます!
IMG_9042.JPG
A1タイプのトリガーを延長、月形のえぐれ部分も盛り隠しです。
エランとは程遠いですがマガジンランヤードリングを付ければそれなりに見えて来ます。
IMG_9043.JPG


posted by ministork at 19:26| Comment(0) | 1911 GOVERNMENT | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: