2023年01月26日

サンドブラストBOXを作る その3

昨日までのBOXはあまりに小さいので奥行きを
継ぎ足すことにしました。
本日急遽背板部分をくり抜き。
IMG_0463.JPG
くり抜いた窓の大きさに合わせて鉄板を切り出します。
IMG_0462.JPG
切り出した鉄板を曲げて行きます。
IMG_0464.JPG
三角形状にして内側の隙間ををコーキングで埋めます。
IMG_0465.JPG
抜いた穴窓に固定
IMG_0466.JPG
中から見たところです
IMG_0467.JPG
合板を使い網下の漏瑚を作ります。箱の寸法に合わせ
4面がピラミット状態に重なるように角度をつけ
断面をカットしました。
IMG_0468.JPG
次に下に落ちた砂を溜めるボトルを作ります。
IMG_0469.JPG
ウエットティッシュの空きボトルを使います。
蓋部分に抜き穴を開け、蓋と同じサイズの板(合板)を切り出し
隙間はグルーガンで埋め、漏瑚のそこ部分にビスで固定しました。
IMG_0470.JPG
漏瑚の内側にアルミ複合板を切り出し強力両面テープで固定し
合わせ部分をコーキング。
IMG_0471.JPG
BOX本体の脚を外し漏瑚を入れて周囲をコーキング。
IMG_0472.JPG
左右に固定用のアルミ材をリベットとビスで固定しました。
IMG_0473.JPG
一旦外した脚を再び固定。
IMG_0474.JPG
取り付け脚の先端は斜めになるようにカットしました。
IMG_0475.JPG
砂受けボトルがつきました。
IMG_0476.JPG
中を除いたところです。
IMG_0477.JPG
続けて30cmのDEDを取り付け。
IMG_0478.JPG
鉄板に直接固定せず、取り付け幅に合わせて20mm角の材を切り出し
角棒に取り付けてから本体中の天板部分にビス留め
IMG_0479.JPG
センサー付きで手を入れるとつきますが再び中で動きを検知すると
OFFになってしまう為、これはセンサー部分にアルミテープを貼り
後で外部スイッチ式に変更します。
IMG_0480.JPG
上部の扉前面に手持ちのパッチン金具をつけました。
手持ちの金具が大きいものしかなかったのでこんな形に。
IMG_0490.JPG
開くと
IMG_0491.JPG
マキタのサイクロンフィルターは狭くなりますが
内側にすることにします。
IMG_0482.JPG
この外側から集塵ホースを繋ぐことにします。
右に開けた集塵ホース穴はアルミテープで塞ぎました。
IMG_0483.JPG
外側に飛び出した部分を外からもコーキング
IMG_0481.JPG
最終的にハゲた部分や後付け部分は再塗装します。
初めのBOXより少しだけ広がったのでこれならなんとかなりそうです。
本日ここまで。



posted by ministork at 21:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: