2020年02月21日

ランパントクラシックBOXショーケース

昨日の思い付きのケースを夕方に作ってみました。
こんなんです↓
IMG_7644.JPG
MDFの9mmをパッケージの外寸で枠組みして手前の底面と
両脇に2mmのスリットを入れ
前面BOXの面位置に2mmの透明アクリルを差し込んでいます。
すぐに取り出せる様裏側はOPENに。
IMG_7649.JPG
箱の蓋も重ねて入れてあります。
縦に置いてもパッケージがしっかりしているので
ガタツキません。
IMG_7648.JPG
このまま寝かせた状態でもOK.
IMG_7646.JPG
前面のアクリルは上にずらして引き上げます。
IMG_7647.JPG
アクリル面にはシルバーヘアーラインと金のヘアーラインシートに
オリジナルステッカーで右上にシリアルNo.も入れて・・・
IMG_7654.JPG
ブラシの入っている位置にネームステッカーを。
IMG_7651.JPG
ウエスタンコーナーにこんな感じで納まりました。
IMG_7652.JPG
後でカートリッジBOXの角にスポンジをあてようと思います。
posted by ministork at 20:36| Comment(0) | COLT SAA45 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SAA製造年号〜間違ってる!

先日SAAケースガラス面の製造年号がファーストになっていて
その後、セカンドに変更したつもりでしたが・・・
5と6の順番を打ち間違え、先程切り離して入れ替えました(恥)
IMG_7640.JPG
ここにお詫びし訂正致します。
コレクションケースに収まりきれないにもかかわらず
先日ランパントのアーリーモデルを入手してしまいました。
以前中古で購入のレイトモデルと比較。上の帯なしがレイトモデルです。
IMG_7641.JPG
アーリーモデルはフレームがマット仕上げです。
主にグリップやバレルの刻印が違いますが
刻印はこっちの方がやはり好みかも・・・
箱のまま保管していますが、そのうち箱ごと飾れるようにしようかと・・・
ただ、最新のウエスタンコーナーはEARLY TIMESの空ビンで一杯!
IMG_7642.JPG
ウエスタンバーの様になって来たので、そろそろ空ビンを捨てようと思います。
posted by ministork at 00:08| Comment(0) | COLT SAA45 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年02月16日

SECOND GENERATION

SAAのケースガラス面に貼ってあった
カッティングシートのSECOND GENERATIONの
年号がファーストの年号になっているのに
今日になってふと気ずきました。いったい何を考えていたのやら・・・
IMG_7611.JPG
いまだ、手にしていないファーストをほしいな〜なんて考えながら
切り出したのか?大きな間違えなので修正します。
カッティングデーターの年号を打ち直し。
IMG_7617.JPG
右側にある縁どりは黒の抜き型です。
金のヘアーラインシートに切り出しますが、
年号部分だけ修正。
STiKAの刃の深さが出過ぎると文字がめくれてしまうので
3つ目でなんとかクリアです。
IMG_7612.JPG
あまり浅いと今度は切れていないので微妙なところ。
IMG_7613.JPG
これを先程の黒フチの上に重ね貼りして
張り替えました↓
IMG_7614.JPG
ケースの中も含めここにはファーストは一つもありません・・・
というか、買えずにいるだけなのですが・・・。
IMG_7615.JPG
集め出すとまたきりがなく、すでに置く場所もないのが理由です。
IMG_7616.JPG

posted by ministork at 00:53| Comment(0) | COLT SAA45 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする